日本東洋医学サミット会議          【英語版】

お問い合わせ
2019BangKok
2019年 TC249第10回全体会議 タイ・バンコック

TOPICS


【ISO関連】 2020年6月1-10日WebによるISO/TC249の会議(WG1-5)が終了。
 例年6月第1週に行われていたISO/TC249 plenary meeting はコロナ禍のため、Webの開催となった。それそれのWGでは2-3時間程度の会議時間をとって、  1-2日間、会議をおこなうことになっていた。しかし、Web会議は、進行に手間取ることや討論には不向きなことが多いため、  予定より大幅に延長することも多かった。したがって、日本の主張を守るためには集中力を途切れないようにすることが、必要であった。
 詳細は、後日報告となります。  (ISO/TC249 担当 並木隆雄)

【WHO関連】 ICD11伝統医学章新設記念講演会および懇親会について
新型肺炎に関する社会状況を鑑み、2月20日開催のICD11伝統医学章新設記念講演会および懇親会の開催については、 講演会は行いますが、懇親会については中止させて頂くことといたしました。 講演会の参加につきましても、発熱、咳嗽ある方はご無理なさらぬよう願います。

【WHO関連】 日本東洋医学サミット会議は、WHOが策定してきた国際疾病分類第11版に伝統医学分類(漢方・鍼灸)が 収載されたことを記念して、下記の日程にて記念講演会を開催いたします。 本講演会の意義等につきましてはこちらをご覧ください。 参加ご希望の方はこちらまでお申込みください。
「WHO国際疾病分類第11版に伝統医学の章が新設されたことを記念する講演会」
 日時:2020年年2月20日(木)午後3時10分?午後5時30分
 場所:学士会館202会議室 アクセス
 講演者: 鍼灸分野、漢方分野、診療情報分野、国内外有識者 プログラム
          記念講演会への参加費は不要です。
 懇親会: 中止になりました。 

【ISO関連】 下記の要領で、JLOM公開シンポジウムを開催します。
「東アジア伝統医学をめぐる国際化・標準化の動向」 プログラム
 日時:平成30年12月9日(日曜日)13:00~17:00
 場所:東京八重洲ホール B2ホール 地図
 定員:100名、無料
 申込方法:11月30日迄に「wakan(アット)office.chiba-u.jp」宛、メールでお申込みください

【WHO関連】 2018年6月18日にICD-11が公表されました。1990年(ICD-10)以来の約30年ぶりの改定ですが、今回の改定では第26章TM chapter module 1を含む6つの章が追加されています。2019年5月世界保健総会で承認されます。TM chapterの使用頻度により削除も考えられますので、今後は関係する統計データの集積が求められていくことが予想されます。各団体様におかれましてはそれぞれのお立場にて統計データの集積にご尽力いただけますようお願い申し上げます。
 ICD-11の検索方法
 https://icd.who.int →Use ICD-11 →ICD-11 Browser

【ISO関連】 2018年6月20日から7月20日に「施術者への伝統医学の教育及びトレーニングをTC249のScopeで扱うかどうか」に関する投票が行われ、反対8票(日本票を含む)、賛成7票、棄権7票にて今回は否決されました。しかし、これまでの経過からしてこの議論は今後も繰り返されていくことを予想しております。上記内容がScopeに入った場合、関連する国際標準の成立は我が国の鍼師、灸師、あんまマッサージ師の国家資格、次の段階として医師・薬剤師および他の医療関係職種にも影響が及ぶことが懸念されています。

ページのトップへ戻る